成年後見・遺言・相続

中高年の終活が賑やかです。 今回は終活のひとつ自分の財産を死後どう処分するかと言う相続について検討してみたいと思います 1. 遺言は就活の必需品か (1)家庭の事情によって遺言書作成の必要が低い場合  家庭の事情によっては必ずしも遺言の作成が必要とは限りません。  就活を取り上げた記事などを見ると遺言...
 最近、家族信託について取り上げた記事が目につくようになりました。  今回は家族信託がもつ問題点について考えてみたいとおもいます。...
男性は14年から警備会社で人や車の誘導を行っていた。軽度の知的障害があり、昨年2月に後見制度を利用し、障害者支援団体に財産管理を任せるようになった。 しかし、勤務先から、警備業法の欠格条項で仕事を続けるのは無理と指摘され、失職した。会社側は「勤務態度も真面目で、辞めてほしくなかった」という。 情報源: 成年後見制度 欠格条項見直しは急務...
1.自筆証書の管理 (1)相続法制の見直し 本人が自ら書く「自筆証書遺言」について、法務局での保管を可能にする関連法改正原案をまとめた。公的機関で保管することで改ざんや紛失を防ぎ、争いを減らしていく狙いがある。 情報源: 遺言書、法務局で保管=改ざん・紛失を防止-配偶者に居住権・相続法制改正原案:時事ドットコム...
1.法定相続情報証明制度 (1)法定相続情報証明制度の概要  平成29年5月29日(月)から法務局の登記所でスタートしました。...
1.親子関係の絶縁 (1)勘当 地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教教祖・麻原彰晃死刑囚の四女が11月21日、都内の司法記者クラブで記者会見を開いた。 四女は今回、自分が死亡した際に、親に自分の財産を渡さないようにしたい、と家庭裁判所に申し立て、認められた。...
1.ハンコ  ハンコに関連した言葉は日常的にいろいろと使われています。  実印,認め印,銀行印,三文判,シャチハタ印,印章,印鑑,印顆,印形,印影など。  以前に「ハンコと印鑑は同じものだろうか(ハンコの基礎知識)」として投稿しました。  読み返してみますと総花的な記述で整理されていないなと強く感じました。...
1.介護度、制限行為能力の意味 (1)介護度  介護度は介護の必要の程度に合わせて7段階に分かれています。  介護度の低い方から高い方に、要支援1、要支援2,要介護1,要介護2、要介護3,要介護4,要介護5の7段階となります。...
1.原状回復とは何か (1)原状回復に関する誤解  「原状回復というのは、借りた当初の状態で返す」という誤解が、貸す方も借りる方にもあるような気がします。...
1.成年後見制度利用の開始と終了 (1)利用の開始(民法7条ほか)  成年後見制度利用を利用するには配偶者や4親等内の親族などが家庭裁判所に申し出て審判(許可)をえなければなりません。 (2)利用の終了(民法10条ほか)  原因が消滅したとき、配偶者や4親等内の親族などの申出によって家庭裁判所は審判を取り消します。 (3)任意終了の禁止...

さらに表示する